So-net無料ブログ作成

80年代終わりのアナログ盤 [Music]

”CDはすごいぞ!”キャンペーンが吹き荒れていた80年代の後半

いつも通った”レコード屋さん”は次々と”CD屋さん”になっていきました。

そんな頃に買ったレコード達・・・

”普通に作られていたレコード”としては最後の世代といったところでしょうか

P1190937.JPG



技術の集大成?・・・どれも、とてもよく”鳴る”んです♪



nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 25

コメント 6

AKIRA

ネッドの「ライフ・アフター〜」予約する時、アナログ取り寄せに難儀した記憶あります。
同時に”CDはすごいぞ!”に乗せられて買わなかったアナログも多数あり、後で散財することになったことも遠い昔のような・・・
確かにこの時期のアナログ盤、70年代みたに当たり外れは少ないかもしれないですね。録音自体がデジタルって事もあり均一化された感もありますね。

一時、トラックスジャパンとかで覆面バンドの1stが88000円なんて事あったの思い出しました。
by AKIRA (2016-11-08 19:38) 

paddies

AKIRAさん おはようございます。
音楽雑誌をはじめとする、当時の”CDはすごいぞ!”キャンペーン
バブルと重なったりと、今では懐かしい昔話になってしまいましたね。
中々、すっぱりとCDに移行できずにモヤモヤしていた記憶があります。実際、CDとアナログ盤を両方買ったりと・・・
そんな頃の作品をあらためてアナログ盤で聴き直すと、これが結構いい音でとても新鮮でした。
その分、70年代の作品のような、各国盤比べみたいな楽しみは少ないですね。
覆面バンドの国内盤、
輸入盤屋さんへ行く時間がなく、街の普通のレコード屋さんで買いました・・・国内盤はとても少なかったみたいですね

by paddies (2016-11-09 07:18) 

たくや

CD出た当時、何年か経過するると聞こえなくなるなんて話がありましたが、未だに聞けますね(笑)
by たくや (2016-11-09 10:22) 

paddies

たくやさん こんにちは
最初に買ったCDは30年位経ちますが、これからどうなっていくのでしょうね
それを見守るのもまた、楽しみの一つになるかもしれません(笑)

by paddies (2016-11-09 16:54) 

Julia

CDの普及に抵抗感を感じてCDプレイヤーを買わずに中古レコード屋さんに通いつめていた時代です。
しかし、新譜はほとんどCDとなってしまい、仕方なくCDプレイヤーを買ったのが90年代初頭。
バブル崩壊と共に1つの時代が終わった感じがして、すごく喪失感がありました。
でも、やっぱりレコードは、良く"鳴り"ますよね。
by Julia (2016-11-18 12:58) 

paddies

Juliaさん おはようございます。
あの時のCDに入れ替わるスピードは本当にすごかったですね。
タワーレコードの山積み売りも無くなって、寂しかったです。
結局、CDが中心の環境になりましたが、今になってあらためて
レコードを処分しないでよかったなあと思っています♪
by paddies (2016-11-19 07:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0